スポンサーリンク
ビッグバナー

公務員に中途転職して後悔したこと 【後悔もあるが転職は大成功でした】

私は中途で公務員に転職しましたが、後悔したこと、イメージと違ったことも多くありました。 しかし、給与や待遇は保障されていますので、私は満足しています。公務員への転職は成功したと言えるでしょう。 公務員への転職を後悔のないものにするためには、しっかりと下調べが必要だといえます。

公務員の初任給はどれくらい?昇給額や時期はいつ?現役公務員が答えます

公務員は、確実に毎年昇給がありますが、若いうちの基本給は安いです。しかし、手当が充実していますし、結婚して子供が出来たりすると一気に手当によって給与は上がります。 また、毎年給与の改定があり、大手企業と比較して安くならないように配慮されています。高すぎるわけではありませんが、決して低いわけではありません。公務員を目指されている方は、安心して公務員試験の勉強に励みましょう。

国家公務員の試験情報の探し方 国家公務員試験採用情報NAVIの紹介

公務員になりたいと思ったときに、最初に思い浮かぶのは地元の地域の公務員でしょうか。それとも、日本の中心の東京や日本全体で仕事を行う国家公務員でしょうか。ここでは、国家公務員の採用試験情報の探し方を紹介していきます。国家公務員の採用試験情報は「国家公務員試験採用情報NAVI」で探すことが出来ます。地方公務員と違い、一括して採用情報を見ることが出来るので国家公務員の試験情報は探しやすいです。

公務員は休みすぎ?休日は本当に多いの?現役地方公務員が答えます

公務員の休みは民間と比べて多いのでしょうか。公務員は休みすぎ、もしくは逆に有給があっても取得できないのでは?と思う方もいるでしょう。ここでは、現役の地方公務員が公務員の休日休暇について紹介します。 公務員の年次有給休暇の平均使用日数は11日で、年間休日日数の平均は138日となります。

なぜ民間ではなく公務員か?面接の採点基準について【公務員試験面接対策】

公務員試験の面接で聞かれる事ナンバーワンの質問です。そして、回答に困る質問ナンバーワンでもあります。この回答が不適切であれば、この後の受け答えがしっかりしていても不合格となる場合が多いようです。しかし、あまり深く考えずに答えましょう。完璧な回答が出来る受験者などいませんから。ここでは、誰もが困ってしまう質問、「なぜ民間ではなく公務員か 」について考えてみます。

みなし公務員(準公務員)とは?公務員ではないが、安定した働きやすい職

みなし公務員(準公務員)とは、公共性や公益性のある施設や団体で働く人を指します。 必要とされている事業ですので潰れることはありません。また、クビになることもよっぽどのことが無い限り無く、長期間同じ組織で働くことが出来るでしょう。健康保険や年金なども公務員に準じた制度が適用されます。

民間企業と公務員を財源の違いから考える【公務員試験対策】

民間企業と公務員の違いは、面接や論文試験のテーマとしてよく扱われます。今回は、財源の違いという観点から民間企業と公務員を考えていきます。れから公務員試験に受かり、給与をもらうようになると、税金をもらっているという立場になります。謙虚な心を忘れずに、公務員になってからも公益性を追求していきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク